ゴールドカードというと敷居が高く感じますか?以前は「ゴールドカードを持てるのはお金持ちだけ」というイメージでしたが、現在はかなり敷居が低く、以前のような高い条件をクリアせずとももてるカードになっています。

1~2万円の年会費が主流のゴールドカードですが、カードによっては数千円の年会費のものなどかなり負担の少ないゴールドカードも存在します。

ゴールドカードの一般化は、ゴールドカードより上位のクレジットカードが登場したことで起こった現象ですが、一般のクレジットカードより付帯サービスが多いことは持つに値する魅力です。

ポイントの還元など一般のクレジットカードよりも優待されていることが多いので、ショッピング目的で頻繁に利用する方にとっては年会費以上の高還元が期待できます。

その他、旅行の傷害保険やショッピング保険、空港のラウンジが使用できることなどは、これらを頻繁に利用する方であれば「持って安心」の一枚です。

また、持ちやすくなったゴールドカードと言えど、未だに印象の良いクレジットカードであることにはかわりません。

自分を少しだけ高める一枚として、ゴールドカードを持ってみるのも良い方法です。

手持ちのクレジットカードをゴールドカードにしたらどうなるか?普段の生活スタイルを加味して試算してみてはいかがでしょうか。