クレジットカードの裏面には、見逃しやすいですが名前欄があります。この名前欄にサインを行うことで、クレジットカードは初めてそれとして機能させることができます。アルファベットでも漢字でも、所有者を示せるものなら何でもいいので、黒のサインペンで名前を記入しておきましょう。ボールペンだと、物によっては色が出ない場合もあるので、書いたサインがはっきりと読み取れるものにしてください。

名前のないクレジットカードは持ち主が判明しないため、お店によっては使用を断られてしまう恐れがあるので、カードが発行され手元に届いた暁には、必ず名前を記入することが大切です。クレジットカードに名前を書くのは、個人情報をみだりにさらすようで気が進まないということもあるかもしれませんが、クレジットカードの場合重要なのは名前より暗証番号の方です。名前があったところで、暗証番号が知られなければ拾った人間は勝手に使用することができませんから、あまり不安に思わずに署名しましょう。

名前があった方が、逆に紛失した時に見つかりやすくなってよいものです。署名欄は必要だからこそついているのですから、それをないがしろにせずに、正しい使い方に沿ってクレジットカードを活用してしきましょう。